引っ越し業者から安い見積もりを引き出す方法

見積もりは安くするコツがあります。

 

引っ越し業者から安い見積もりを引き出す方法

 

 

3月、4月は高い!

 

・サラリーマンの転勤
・大学卒業して新社会人になる
・大学生、専門学校生の引越し

が増えるので、この時期は引っ越し料金が高くなります。
通常の1.5倍〜3倍になることが多いです。1.5倍で済めば安いです。

 

毎年のことなので、引っ越し業者もこの時期は高い料金設定しても契約は増えることを知っています。
会社員の転勤、引っ越し費用は会社もちですから、減額交渉をあまりしないですからね、、、!
一般の学生、新社会人はこの時期に引っ越すと金額が高くなり大変ですよ。

 

 

3月中旬〜4月1週目の土日は避けられるなら避けた方が良いです。
学生ならば、時間があるわけですから、3月10日頃に引越しを終わらせてしまうとか。

 

 

8月下旬・9月の土日の引越しも高くなる傾向にあります。会社員の転勤、9月入社、9月入学があるからです。

 

一方、1月、2月は引っ越し屋は比較的暇です。5月ゴールデンウィーク後、6月、7月、8月もヒマです(土日祝日は忙しいです)。ヒマな時期に引越しできると良いのですが。

 

平日に引っ越す

 

できれば、平日に引っ越すのと安く済みます。会社員する場合、土曜、日曜、祝日に合わせて引っ越しします。学生も大学、学校がない土曜日、日曜日にします。
予定が特にない場合、平日便にするのがおすすめです。

 

 

六曜(先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口)を気にする人もいます。ですが、仏滅、先負の日は料金が安い傾向にあります。最近は、安い日を目指して契約する人も増えています。結婚式と同様ですね。

 

 

フリー便を利用する

 

フリー便

 

安い引っ越しをしたいならフリー便です。引っ越し当日に何時に家に来るかは引っ越し業者が決めるプランです。

 

引っ越し業者により異なりますが、2日前か前日に引越しスケジュールが伝えられます。

 

2日前に「朝8:30に行きます」と言っていたのに、引っ越し前日に「変更です。午前11:30に行きます」と変更がある場合もあります。

 

時間が読めないところがなんともデメリットです。

 

実例であるのが、午前、午後のお客さんの引越しが長引いたことと道路渋滞により、搬入が19時になるなんてこともあります。

 

小さい赤ちゃんがいるご家庭で19時に荷物搬入開始ではちょっとつらいと思います。
夜遅く荷物搬入すると、カーテンを取り付けることができなかったり、夜を越す準備ができないこともよくあります。

 

そうすると、その日はホテル宿泊にした方が便利であることもよくあります。ガス開栓が間に合わないとか。

 

ホテル代が余計にかかることもありえるので、フリー便にするなら、納得する金額まで減額交渉することをおすすめします。
3月、4月でなければ、フリー便は40%割引が行けることが多いです。

 

 

午前便

 

「午前便」は、朝一番に家に来てもらえる引っ越し作業です。
朝一番なので、渋滞に巻き込まれて、開始が遅れたということがありません。
時間が読めるので人気があるプランです。料金は上がります。

 

近場の引越しの場合、
・9時に引っ越し屋が家に来る。搬出開始
・10時〜10:30移動
・11時、新居到着。
・12時前に搬入終了
というように、1日(半日)で引っ越しが終了するので、会社員、小さい赤ちゃんがいるご家庭に人気があります。

 

午前時間指定は朝一番に作業を開始して15時までには引越しが終わります。時間が読みやすいです。料金が安くなりにくいです。

 

 

午後便

 

13時、14時くらいに作業開始となる便です。近場の引越しですと、18時くらいには作業終了します。

 

長距離の場合、翌日搬入になることが多いです。

 

基地で積み替えがない方がよいです。積み替えの時に家具が傷ついたという実例があるからです。積み替えがあるならば、家具が傷ついたりしないよう営業マンに確認しておくと良いです。

 

できるだけ、トラック積み替え無しで引っ越しを終えたいものです。

 

 

不用品処分。荷物を少なくしよう

 

荷物が多いと運び出す物が多いわけですから、作業員の人数確保が必要になります。
少ない荷物なら2人。少し多いなら3人というふうに。

 

使わない物を運ぶというのはムダが生じます。不用品は処分しましょう。
面倒くさい、時間がないから自分で捨てるのができない場合は、引っ越し屋にやってもらうこともできます(引っ越し屋の提携先)。

 

 

 

大きな家電・家具を自分で捨てる場合、今すぐに捨てることができません。
電気屋に引き取ってもらったり、ソファーですと、シールを買ってソファーに貼り、集合場所に持って行く必要があります。

 

面倒な場合、時間がない場合は、一括見積もり申し込み時にその旨希望を書いておくと良いです。
引っ越し屋の営業マンに聞いてみても良いです。

 

安い見積もりの取り方

 

引越しの見積もりを取る際、引っ越し屋の営業マンが家に来て、荷物を確認して、金額を提案されるというイメージの人が多いです。

 

忙しい会社員の転勤の場合、インターネットだけのやり取りで引っ越し業者を決める人もいます。どうせ会社負担ですしね。(笑)

 

結論を言うと、一括見積もりを取り、見積額を比較する。安い見積もりを出してきた5社くらいに電話かメールしてみて、詳細を伝える。その際、他社の見積もりを見せましょう。

 

 

見積もりの値下げ交渉は、最初から営業マンを家に呼んでも安い見積もりは引き出せないと私は考えます。

 

考えてみてください。理由なくなんとなく「負けて。」と言っても、負けてくれるお店はないですよね。

 

「あっちのお店は5万円と言っているのに、なぜここは10万円なんですか?」というと初めて割引を考えるものです。他社と比較するのが一番なのです。

 

安いところと契約することは営業マンは知ってます。他社と比較した結果を営業マンに伝えると、見積り価格はグングン下がっていくものです。

 

何社か見積もりを取らないことには始まらない

 

最初の2、3社はそんなに安い見積もりが出てくるわけではありませんが、徐々に安い見積もりが提案されます。

 

引っ越し業者としても、最初出してきた見積もりは、そこから減額するつもりでいます。

 

このやり取りは実際に家に来てもらってもいいし、メール、電話でも良いです。

1社目:10万円→8万円 もっと行けるが比較材料がないので、「他社の見積もりも見て決定します」と伝えましょう。(そうすると、もっと安い見積もりが出てくる可能性あり。7万円とか。)

 

2社目:7万円の見積もりを見せてみる。「うちは6万円でやりますよ」と言われる。もう少し他社の見積もりを見たいので即決しない。

 

3社目:6万円と7万円の見積もりを見せる。「うちは58,000円でやりますよ。」と言われる。もう少し他社を見てもいいかも。

 

4社目:「58,000円!うちは、そこまで安くはできません!」と言われることもある。

 

5社目:「今ここで決定してくれるなら55,000円でやります」と言われることもある。ここまで来たら、印象、オプションで決めると良いと思います。

 

これを10社やっても良いと思います。ただ、単身引越しならそこまで高くならないでしょう。5万円、49,000円、48,000円だったらそれほど変わらないし、業者の対応の方が面倒だと思います。10万円→6万円くらいまで安くできたなら、十分だと思います。

 

4人家族の荷物が多い引っ越しの場合、横浜→札幌とか、横浜→鹿児島のような長距離の引越しだと見積もり30万円などの高額が提示されます。その場合は、多くの見積もりを取り、10社くらいと割引交渉をすると良いと思います。30万円の見積もりですと、他社A社16万円、B社17万円、C社18万円、D社22万円、E社25万円、、、

 

このように差が出てくるものです。

 

・安い見積もりを選択すること
・冷蔵庫取付、5分サービスなどオプションがどの程度ついてるか
を気にすると良いです。

 

営業マンもある程度経験を積んでる人でしたら、こういう駆け引きがあるのは当然と知ってますから、相見積もりを取ることは遠慮しなくていいですよ。
家に来てもらうことを悪いと思う必要はないですよ。

 

営業マン「即決したら5万円にします」と提案を受けた

 

実際に、引っ越し業者とメール、電話、実際に会うのは、値下げ交渉をしているという意味です。
値下げ交渉をしていると、営業マンが「即決したら5万円にします」と言ってくることがよくあります。

 

これは受けて良いのでしょうか?

 

回答:1社目、2社目ならもったいないです。
3社目、4社目の交渉なら受けても良いと思います。
あとは、その営業マンが感じがいいかもポイントです。

 

安いけど感じが悪い営業マンと契約する気は起きないですよね。
営業マンは感じが良い人が大前提。そこから見積もりが安かったら「この会社に運んでもらいたいなあ」と思うものです。

 

 

3社以上と見積もり交渉をしているのなら、即決を受けても良いと思いますよ!

 

補足すると、その場は帰ってもらって、後刻、「その価格でお願いしたいんですけど」と営業マンに言っても、その価格でやってくれます(笑)

 

注意しないといけないのは、引っ越しの枠が埋まってしまうことです。

 

土曜日・日曜日・祝日などの引っ越し業者が忙しい日の予約を考えている場合には、考えている間に予約を他の人に取られてしまうことがあります!そこだけは気を付けましょう。