引越しは安い時期と高い時期がある

引越しは安い時期と高い時期があるので、できれば安いときに引越しするのがおすすめです。

 

 

3月、4月は高い。安い時期と高い時期がある

 

・サラリーマンの転勤
・大学卒業して新社会人になる
・大学生、専門学校生の引越し

が増えるので、毎年この時期は引っ越し料金が高くなります。
通常の1.5倍〜3倍になることが多いです。1.5倍で済めば安い方です。

 

毎年のことなので、引っ越し業者もこの時期は高い料金設定しても契約は増えることを知っています。
会社員の転勤は、引っ越し費用会社もちですから、減額交渉をあまりしないですからね、、、!
大手引越し業者はそういう引越しを取れるからホクホクです。

 

一般の学生、新社会人は自費で高い3月中旬〜4月1週目の土日の時期に引っ越すと大変です!

 

学生ならば、時間があるわけですから、3月10日頃に引越しを終わらせてしまうか、4月2週目に引っ越すなど時間をずらしたほうが引越し費用は抑えられます。

 

その他の高い時期と安い時期

 

8月下旬・9月の土日の引越しも少々高くなる傾向にあります。
会社員の転勤、9月入社、9月入学があるからです。

 

安いのは、1月正月明けの平日、2月、5月ゴールデンウィーク後、6月、7月、11月は閑散期で安いです。

 

安い時期は正社員の中でもデキる人が個人の引越しをやってくれます。繁忙期は正社員の中でもデキる人は法人の大きな引越しの担当に回されてしまうのです。

 

引越しは安い時期と高い時期がある

 

 

安い曜日〜平日に引っ越す

 

できれば、平日(火曜、水曜、木曜)に引っ越すのと特に安く済みます。
会社員する場合、土曜、日曜、祝日に合わせて引っ越しします。
学生も大学、学校がない土曜日、日曜日に引越しが集中します。
予定が特にないならば、平日便にするのがおすすめです。

 

六曜(先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口)を気にする人もいます。ですが、仏滅、先負の日は料金が安い傾向にあります。最近は、安い日を狙って契約する人も増えています。結婚式と同様です。

 

赤帽は安い〜横浜の赤帽一覧 横浜市内・近距離は赤帽もいいのページに進む

単身に強いライフル

入力30秒!引越しの達人

電話番号任意のスーモ

達人

単身引越しに強い赤帽の見積もりが取れるライフル!大手のアート、サカイなども取れますので、どのくらいの金額差があるか確認できます。安い見積もりと大手を比較して決めるのがよいでしょう。50%割引になることも!最大10万円キャッシュバックなど、ライフルの特典も魅力的!

達人セレクト

引越の達人セレクトは入力40秒!少なくてラク!割引率最大55%オフ!引越し業者210社以上の中からあなたの都合に合うおすすめ業者を選択できるので、業者決定するのがとてもラク!達人セレクトは荷造り代行1時間無料サービスもアリ!

スーモ

業界初!電話番号入力が任意の見積もりサービスSUUMO!電話がかかってくるのが嫌な人はこちら!引越し業者を決定した後に、他の業者から電話がかかってくることがありません!比較すると約47%前後下がることも!

横浜引っ越し<<一番安い引越し業者の見積もりを取る方法>> TOPページに戻る
トップへ戻る